プリンターを使用している人

開くページ

本の中

低価格で高品質の中綴じ印刷を頼みたいならこのサイトで業者を探してみましょう!サービスの特徴などが書かれていますよ!

売れる商品というものは細部にまでこだわりがあります。化粧箱製作を依頼することは、パッケージも含めた商品開発でもあります。

中綴じ印刷とは、半分に折って閉じたときに冊子になるように裏表で印刷する方法で、製本を意識して印刷します。 商品案内やパンフレットなど、比較的枚数が少ない冊子で中綴じ印刷は使われることが多く、ページが開きやすいのも特徴です。2ページを使って、見開きの写真などを掲載することが可能です。 裏表に印刷して半分に折るので、ページ数は4ページごとに増えて行きますので、それに合わせたデザインをすることが必須になります。 1ページ目が表紙、最終ページが裏表紙となることも頭に入れておかなければいけません。 また、紙の厚みの分内側のページの端が切れることがあるので、余裕を持ったレイアウトをしたり、中央ののどの部分に文字がかからないよう気を付けることも必要です。

鮮やかな写真や特殊な紙使ったもの、枚数が多い中綴じ印刷は、印刷業者に依頼するの一般的です。しかし、簡単な文書や図などを小枚数、冊子にするのであればwordを使って自宅で印刷することが可能です。 まず、原稿を作る前にページ設定・印刷から「本(縦方向に谷折り)」を選択します。 この状態で原稿を書きますが、注意することで書いたように、見開きのページや表紙などを考えながらレイアウトすることが必要となります。 印刷の際は、1枚を印刷し、裏返して次のページを印刷するという作業を繰り返すことになります。 出来上がった原稿を半分に折って、中心をホチキスで止めれば出来上がりです。 通常のホチキスでは中央に届きませんが、中綴じ印刷用のヘッドが伸びるものがありますのでこれをつかうと便利です。

出産や結婚の転機があった年は年賀状に写真を印刷してみましょう。ここなら自分自身で自由にデザイン設計できますよ。